八千草薫

美しさと哀しみと