加賀まり子

美しさと哀しみと