安田顕

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。


家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。