小林竜樹

走れ、絶望に追いつかれない速さで